塗装工事の前に雨漏りしているた軒天の張替えをしました。職人の匠な技により修復です。

 

住宅塗装の新創です。軒天が雨漏りしているお客様。ベランダ下に

なります。軒天の張替え、雨漏り補修をしました。


ベランダの真下、軒天が雨漏りにより傷んでいました。


軒天がわからない方に説明書きを引用してみました。

軒天・軒裏

3軒天とは、屋根の真下部分にある壁のことをいいます。外壁から外側に出ている、屋根の裏部分です。

軒裏(のきうら)、上げ裏(あげうら)、軒天井(のきてんじょう)、軒裏天井(のきうらてんじょう)とも呼ばれています。

軒天も外壁や屋根同様、雨風や紫外線にさらされていますので劣化します。

そうしたときには、塗装や補修が必要です。軒天部分には主に、防藻・防カビ・防水機能がそなわった、通気性のある塗料を塗ります。

軒天が経年劣化によって、雨のしみのようなものができていることがあります。ただの汚れなら問題ないのですが、屋根に雨水が入り込んで、下地材まで傷んでしまっている場合があります。

軒天に雨のしみ、軒天が湿っている、ということは屋根に雨が侵入している可能性があります。そうなると雨水により軒天の腐食を招いて、家の寿命を縮めてしまうことになります。


 

傷んでいるヶ所は、ベランダの真下でした。

原因は外側の外壁が傷んでいて雨が降る度に毎回水が侵入していたようです。

傷んだ外壁から雨水が中に入っていました。水の侵入箇所を直し、軒天の貼り替えです。

DSC06922 - コピー

この貼っているボードは、防火板、ケイカル板とも言い、耐火性に優れ、直接雨に当たらなければ耐水性に優れています、ですが雨漏りが続くとこのような傷み方をします。みなさんのご自宅もこのようなシミが出ていたら雨漏りです。シミが出てないか探してみてください。


ケイカル板は、耐火性に優れているので、お隣さんから火が出た時に火が移りやすい箇所である軒天に貼られている事が多い資材です。


ケイカル板を調べて引用いたしました。


ケイカル板とは
ケイカル板について当然不燃材料となります。

P1220956
石膏ボードが苦手な場所、水回り、半外部などに使われます。

半外部というのは、直接雨掛かりしないものの、外気にふれるような場所です。

例えば、屋外のひさしの天井、駐車場の天井、マンションのベランダ隔壁板等です。

不燃性能という面からみても石膏ボードより優れているという見方もできます。

耐水性は?
この材料については石膏ボードと比較すると水に強いというメリットがあります。

通常合板などですと水を吸って反りあがります。

 


職人が寸法を測り天井のサイズに切っています。


DSC06928

切る時は、逆さまにして切ります。貼った時切断面が裏側になるように切っています。

DSC06926

大工を経験した私には、この場所の張替えがいかに大変かがわかるので、加工している姿を見ながら、

職人さんがとっても仕事のしにくい箇所だったね。

『ありがとう』そう思いながら、見学していました。

カメラを構えて見学していたら5回以上、天井に合せては、切って。合せては、切って。繰り返し頑張ってサイズの調整をしています。

貼る箇所にボードを当て、繰り返し入るまで寸法を測り、下に降ろしては切っての繰り返し。

大変そうでした。しかもこの日は、暑かった。

DSC06929

これ貼るの大変なんです。写真を見ていただくとわかりますが、外壁が直角に出来ていない箇所の張替えです。職人の技量が試される張替えでした。

DSC06937

雨が入る原因、 雨漏りによる腐食を直し終われば、軒天の塗装です。

軒天に塗る塗料は防水性、防カビ性に優れたモノを塗ります。

どんどん職人のおかげで現場が進んで行っています。

塗装工事をしたら破風板に穴が空いていました。どのように直したのかをご紹介致します。

 

 

破風板が劣化に耐え切れず穴が開いてしまっていた。💧

住宅塗装の新創です。工事の仕方は、工務店により仕様が変わって来ます。新創では、このような工事の仕方で穴の空いた破風板を工事しました。


住宅の屋根と壁との境目を見切るために付いている、破風板と呼ばれる箇所の工事です。


1. 破風板の基礎知識を身につけよう!

塗装を考える前に、まずは破風板の役割を知っておかなければなりません。
ここでは、破風板の基本的な知識について説明していきます。

1-1. 破風板とは

破風板

画像出典:http://www.weblio.jp/content/

破風板とは、屋根の内部や屋根瓦の下に雨風などが入ることを防止するために住宅の屋根の先端部分に取り付けられている部材です。


傷んだ破風板でした。取り替え工事も検討しましたが、こちらのお客様の破風板は、施工上の問題で取り換えが困難と判断したので板金を上から貼り、雨が入らない工夫を施す作業に決まり工事が進みました。

この傷み方で塗装をしてしまっていたら数年で剥げて来ます。雨風が入らないように直して塗装工事をしました。


DSC06653

 

写真はコーキングと言われるシリコンを塗っています。この作業は釘だけではなくコーキングが乾くと剥がれなくなります、密着させるノリ付け作業です。

DSC07006

 

一枚ずつノリを付けて施工しました。

DSC07003

 

釘も打って止めています。

DSC07021

この作業は一度雨樋を外して金属鋼板を破風板に貼ってから雨樋を取り付けなければいけません。金属鋼板を貼る前に職人が雨樋を外してから取り付けています。

 

DSC07049

この工事で仕様した板金は、ガルバリュウム鋼板と言います。鉄に分類されますがアルミニウム・亜鉛・シリコンで形成された鋼板で、水に強く15年位サビが出にくいと言われている鋼板です。昔からある板金トタンとの違いは、アルミの含硫量だそうです。アルミの量が沢山入ると錆びにくくなるようです。


ガルバリュウム鋼板の説明を引用いたしました。ご興味のある方ご覧ください。


1-1.ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板の屋根

ガルバリウム鋼板とは、アメリカの会社が開発したアルミニウム・亜鉛・シリコンで形成された鋼板のことを指します。日本国内では、日鉄住金鋼板株式会社が商標登録しています。

その特徴は「耐久性」「防食性」「耐熱性」「加工性」などが他の鋼板より優れている点が挙げられます。ガルバリウム鋼板についての詳細は「実録!ガルバリウム鋼板屋根は評判通りなのか?」でお伝えしています。

【コーキングの必要性】無し

ガルバリウム鋼板の屋根にコーキングがされていたら、施工ミスの可能性があります。コーキングを見かけたら、必ず施工業者にその理由を確認しましょう。ただし、修理の場合は除きます。

1-2.トタン屋根

ガルバリウム鋼板の屋根

トタンとは、鋼板に亜鉛をメッキしたものをいいます。一番の特徴は「防食性」です。亜鉛は鋼板(≒鉄)よりも酸化しやすいので、鋼板の腐食を防ぎます。たとえ、キズは付いて鋼板が露出しても酸化作用で腐食を抑えることができるのです。トタン屋根について詳しく知りたい方は「基本的なトタン屋根の塗装方法とその料金目安」をご覧ください。


板金は職人が一枚一枚手作業でサイズを測り下準備を作業場で加工し、現場で取り付け加工を行っています。


DSC06994


職人の加工により綺麗な姿になりました。ビフォー


DSC06996


アフター

DSC07050

 

鋼板を取り付けたら雨樋の取り付けです。

DSC07043 DSC07041

 

DSC07042

 

傷んでいる破風板が綺麗になりました。

雨樋の取り付けが終了したら塗装がいよいよ最終段階に入ります。

綺麗になったお客様の家が楽しみです。