小壁補修塗装工事 

 

お客様から小壁がボロボロに剥げてきたので塗装して欲しいと言われました。住宅塗装の新創です。

ごめんなさい❗私、初めに、言ってはいけない言葉を言ってしまいました。「塗装無理です」お客さんに言ってしまいました。

DSC04855
小壁修繕工事

このまま塗装したら間違いなく剥げてきます、だって、爪でこんなに剥げるのですからボロボロでした。このまま塗装してしまうと剥げてきます。塗装が原因で剥げるのではなく壁に残って剥げ欠けている壁自体が浮いて剥げてしまうからです。お客さんには剥げてきている壁を一度剥いでしまわないとダメなのですと説明させて頂きました。

14726244531827

全部剥ぎました。ベロンベロンに剥げたので沢山ゴミも出ました。

 

 

14726241924780

 

すべて剥いで左官屋さんに塗装ができるよう平らな下地を作って頂きました。写真は残せませんでしたが、すべて剥ぎ落としたそうです。

塗装よりも剥ぐ仕事の方が大変となった現場でした。

練固めたのでもう剥げてこないでしょう!!

 

DSC05439

小壁補修、塗装工事でした。

 

ねば〜る君

先日放送されていた、24時間TV万代会場に行って来た時の事です。
いたんです。誰もが知っている伸びーるキャラクター。

ねば〜る君。

私は見ました。ねば〜る君がキャスター付きのおりに乗り、運ばれていく所を。

たぶん、構造上、長い距離は歩けないんだろうと思いました(゚o゚;;

やっぱり伸びーるんですね(°_°)

ねば〜る君は口から物が出せるんです。

棒状の風船⁈かな

それを貰った男の子が、ねば〜る君の周りをぐるぐるグルグル回ってました。

隣にいる納豆おじさんもチョットお困りの様子(≧∇≦)
公式ホームページをみると、

710歳、7月10日生まれ、身長710m、体重710g

茨城県非公認ご当地キャラ

710に揃えたんですね。

帆刈、ブログを日課にするってよ

って、【桐島、部活やめるってよ】風に書きましたが、

なんだって?!と。

志村けん風に言うと、

simu

あんだって?!?!?!と。

 

出勤したら、1日1記事書いてほしいそうです。。。

 

えーーー!!!!

書くことない。。。

 

しかも、帆刈さんが書いた記事を

添削してほしいと。。。

いやいや、私が添削したら全部書き換えます。

だってタイトル長すぎだし、

誤字脱字半端ないし、

句読点や改行の使い方もメチャクチャだし、

なんつーか読みにくいので全取っ替えになっちゃいます。。。

私が添削すると、読みやすくはなるけども、

帆刈さんっぽさが無くなるので、放置しまーす♡

 

先日A型事務員がブログの書き方を載せていました。

(その記事はコチラ

 

これを機にブロガーでも目指しましょうか?

いえいえ、私はもう飽きました。。。

むしろ苦痛です。。。

PC壊れないかなーw

 

 

 

セミの抜け殻を狙っているかもしれないカエル(^。^)

ブログうまく書けるかなぁ〜帆刈美佳です(^_-)

初投稿!宜しくお願いしま〰︎す。

只今、塗装工事中の現場に行ってきました。


今日は、雨トヨ交換の為取り外していました。

処分するトヨはコンパクトにカット✂︎カットします。


なが〜いトヨも、㌧パックに収まりました^ ^

現場のお宅の木に抜け殻がありました。

わたし、今日知りました(°_°)この抜け殻はセミだそうです!

み〰︎ん み〰︎ん泣く大人のセミしか見た事がなかった(゚o゚;;

皆さん、よーくよーくこの写真を見てください!

カエルがいるの分かりますか⁈


角度を変えて…見えますか⁈

ここです!


拡大して…

まるで獲物を狙っているようでした(^ ^)

#セミの抜け殻 #雨トヨ #カエル

ブログを書いてと言われても。。。

書くことがありませんwww

 

しかも検索順位を上げるために、

ブログの構成を考えて~とか何とか

ゴニョゴニョ言われたけれど、

ダルイのでテキトーに記事書こうと思いまーす!

(B型なので許して下さい♡)

 

 

本日8月27日は、HERD OFF ECOスタジアム新潟で、

【音楽と髭達2016】が開催されています♪

 

出演アーティスト(タイムテーブル)はコチラ↓↓↓

写真 2016-08-27 11 43 04

個人的に、

◎MAN WITH A MISSION

◎WANIMA

が気になりますが、音髭よりも

9月11日に行われる【三条楽音祭】の方が胸熱です♡♡♡

写真 2016-08-27 13 51 02

このメンツで入場無料!!!!

神すぎます!!!!

こんな大自然の中でのレゲエなんて、ちょーーーーー気持ちいいだろーなー!!

ジャークチキン食べたい♡

 

 

屋根の塗装です。トタン屋根(鉄)を塗る場合錆止め塗料を塗らないとサビが出て腐食しますご存じですか?。


屋根の塗装です。3回塗りとか言いますが同じ塗料を3回塗ると思っている方がいるみたいですが、始めに塗る塗料は材質によって異なります。


 


塗装工程により塗料材は違うモノを塗っているのです。皆さんご存知だったでしょうか?

20160726_111919 - コピー


この屋根はトタン(鉄)屋根です。屋根の塗装は。3回塗りますが手順はこのようになります。


工程1下塗り。

工程2中塗り。

工程3上塗り。

工程1,2,3,の順番で塗るのですが。同じ塗料を3回塗ると思っている方もいると思いますが、そうではなく、素材との相性によりいろいろな材料を使うのです。状況や状態により変えます。今回のお客様はトタン屋根でした。トタンの材質は鉄です。皆さんおわかりだと思いますがですが、鉄は、サビます。鉄を塗装するには、まずサビを出にくくするために錆止め塗料を塗ります。

錆止め処理

錆止め塗料塗布

錆止め塗料塗布

錆止め塗料塗布完了

錆止め塗料塗布完了この後上塗りを2回塗ります。


どのように屋根を塗装するのか見ていきましよう


工程1下塗りハケ入れ作業

下の写真に白く塗られています。これは、錆止めです。

鉄の材質には、まずサビを出にくくする錆止め材を塗ります。

この白くなっている塗料は、錆びから屋根を守ってくれるサビ止めと言う塗料を塗っているのです。写真を見る限り汚く塗っている、そう見える方もいると思いますが、これは、ハケ入れ作業と言いまして、ローラーが入らない隙間に錆び止め材をわざわざハケで隙間に塗っている所なのです。このお気遣いをしないと隙間から錆びが出やすいのです。隙間に錆び止め塗料が塗っておらずサビが出てくることがよくあります。

DSC06275 - コピー

 

DSC06276


工程1下塗りローラー作業

隙間にしっかりと錆び止め材を塗りました。

ハケ入れ作業の後ローラー入れです。

ひたすら錆止め塗料を塗りましたら中塗りに入ります。

DSC06307

 

この作業、腰にきます。とっても腰が痛くなるのです。

DSC06309

 

場合によって材質の傷み方により錆び止め塗料を2回塗る場合もあります。合計4回塗りする場合があると言う事です。職人判断により、傷みや状況を判断し塗り回数を場合によって増やすことが長持ち塗装には必要なのです。



塗り回数を増やすかどうかは、職人の質、考えにゆだねられます。


どんなに良い営業マンに出会えても塗装をするのは人間、職人の質で目には見えない質の違いが出てきます。新創では現場を急ぐよりも質にこだわりを持っている、こだわりのある職人がいてくれるのでありがたいです。塗装は塗り終わると誰にも作業の内容はわかりません、数年の歳月が経たなければ、仕事の評価がお客様に伝わらない事がとても残念に思う事が沢山有るのです。

DSC06341



職人のこだわりは目には見えない


星の王子様の作家で知られているサンデグジュベリネはキツネにこう言わせました。

「大切なものは目には見えないんだよ」

世の中の多くの物事がそうであるように、塗装工事でも、最も重要な工事工程は、塗装が終わってしまえば目に見えなくなってしまう下地処理です。

所詮、丁寧な施工と一口で言っても、その仕事に携わる担当者や当の職人の仕事に対する目には見えない思いや姿勢が、施工品質に現れてくるものです。しかし、その施工品質は、仕事の直後に目に見えてわかるものは少なく、多くのことが3年、5年、10年という歳月を経てご理解いただけることがほとんどです。

大切なものは目には見えないんだよ

 


中塗りと上塗りは同じ材料を塗っています。仕上げの塗料を2度塗って塗膜に厚みを出すのです


 

工程2中塗り

工程3上塗り

中塗りの最終を塗り終わろうとしている所です。屋根の上から塗りだして、先端の最後、後退しながら塗り進みます、自分の足元を塗り残しながら塗った場所を踏まないように考えながら塗り進んでいる所です。

DSC06352

 

DSC06415

隙間に塗料がいき届いています、隙間にしっかりハケ入れをして塗りました。素晴らしい仕事をしてくれる職人に感謝。


住宅塗装の新創株式会社です。

新潟でホソボソと塗装をしている会社です。

新潟市内で見かけたらお声掛けください。(´ε` )

明日はどんなお客さんと会えるかな?楽しみです。

 

綺麗に仕上がりました

 

自分で塗装したら塗装が剥げてきたそうです。なぜ?剥げたのか原因を突き止めました。

 

数年前に塗装したそうです。お客さまが自分で塗装されて塗装が剥げてきていました。


お電話を頂きました。「自分で塗装したら剥げてきたんです」とおっしゃっていたので、これは張り替えないと塗装してもダメなのではないか?そんなふうに思った現場でした。

 

14702695903840

お客さんは?どうやって2階の高さまで塗装したのでしょう?私、とっても疑問に思いましたが、お客様にそれ以上、質問するのが心苦しいのでこれ以上は質問しませんでした。💧

お客様はとてもショックの様子で心痛む質問はしませんでした。なぜ?このようになったのか、その理由がわからなければ我々も対処の仕様がありません。

なぜこうなったのか、理由を突き止めないとこのまま塗装をしてしまうと剥がれてしまう可能性がある事をまず説明しました。そして質問しました。

ほかり「ご自分で塗ったのですね。どこでこの塗料を買ったんですか?」

お客様「ホームセンターで買ったんです。休みの時にコツコツ塗ったのです、自分でやらなければよかったんですよね💧」

ほかり「その時の塗料残ってますか?」

お客さん「これです」

DSC05321

ほかり「なるほど!これはキシラデコールですね。木に塗るモノです。おもに木に染み込ませて腐りにくくする成分が入っていますが、外壁に塗る塗料ではないのです。この塗料は、外壁に密着してくれないので剥げてきたのですね」

14702695759448

何を塗ったかがわかったので職人と打ち合わせし、作業を開始しました。

まず剥げる塗料はすべて剥いで工事スタートです

 

14702694849570

ブラシでゴシゴシ♪

14702694849681

ひたすらゴシゴシ♪

14702695472123

楽しくゴシゴシ♪

14702695472264

14702695758956

今回は塗ってはいけない塗料を塗ってしまって剥離がおきました。キシラデコールは密着力のない塗料、そして外壁に塗ってはいけない塗料です。


そもそも塗装が剥げてくる原因って皆さんお分かりでしょうか?


塗装が剥がれる原因は4つあります。

  1. 塗料の下塗り不足

  2. 塗料の乾燥不足

  3. 下塗り塗料の選定間違い

  4. 高圧水洗浄の不足


基本的に塗膜が剥がれる原因は劣化ではなく施工不良というのが一般的です(勿論、これはどうやっても剥がれてしまうなという現場も中にはあります)。もし、劣化で塗膜が剥がれてしまうという事であれば10年以上経っているお家の屋根や外壁の塗装はあっちもこっちもペラペラ剥がれてしまっている事になりますからね。でも、実際町を歩いていて色は褪せているけどペラペラに剥げ落ちているお家というのはそんなに多くはないです。塗膜が剥がれてしまう場合は施工した後殆どの場合が3年以内に起こっています。当然3年というのは劣化で起こるには早すぎますので施工不良の可能性がとっても高いわけです。

 


1. 塗膜が剥がれる原因剥離の原因0717

当然ながら塗膜が剥がれる原因というのは1つではありません。色々な要因があるのですが多いのは、①塗料の下塗り不足②塗膜の乾燥不足③下塗り塗料の選定間違い④高圧水洗浄不足などが挙げられます。これらの原因が1ずつの場合もありますし、いくつかが組み合わさって剥がれが起きる場合も有ります。


1-1. 塗料の下塗り不足

塗装の施工は下塗り1回、上塗り2回(もしくは中塗り1回、上塗り1回)の合計3回塗りが基本です。下塗りの役割は主に下地と塗装との密着、上塗りは美観となりますので下塗り塗料が不足していると当然密着不良となり塗装の剥がれが起きるのです。

下塗り塗料を全く塗らずに上塗りのみを塗装されるような手抜き業者もごくごく稀にいますがこれは問題外としても塗料メーカーが規定する基準塗布量通りに下塗りを塗装しても剥がれが起きる場合があります。

基準塗布量というのは例えば外壁1㎡あたり何キロの塗料を塗ればよいかという基準であり、ペンキ屋はそれを目安に例えば外壁200㎡の家ならば塗料が2缶いるなとか3缶いるなとか計算します。但し、これはあくまで『基準』でありますので『例外』もあります。塗装の劣化状態というのは家によって様々ですので、もし劣化がとてもひどければ塗料を予想以上に吸い込みます(塗料が外壁などにしみこんでいく)。こういった場合は基準塗布量の倍ほどにたっぷりと塗料を塗る必要があるケースもあります。


1-2. 塗膜の乾燥不足

お家を塗装する場合は殆どが水性塗料ですが、水性塗料は半分以上が水でできています。その水を蒸発させて残った樹脂で塗膜を形成しますが、塗膜が十分に乾燥する前に次の工程に移った場合、例えば中塗りが十分に乾く前に上塗りをした場合などは半乾き状態の中塗りに上塗り塗料の水分が吸収されてしまい折角出来上がりつつある塗膜から再び塗料に戻ろうとしますので塗膜の形成不良が起こります。これも塗膜の剥がれの原因となりますので、塗料メーカー仕様に従ってしっかりと工程ごとに塗膜を完全乾燥させる必要があります(メーカーの仕様書にはこの塗料は4時間乾燥させなさいというようにしっかりと指定されています)。


1-3. 下塗り塗料の選定間違い

意外と知らない所だと思いますが、塗料は屋根の場合、外壁の場合、リシン外壁の場合、サイディングの場合など下地の種類や塗装する場所により使用する塗料が異なったりします。特に下塗り塗料については密着が悪そうな下地や、吸い込みが激しそうな下地(劣化が激しい屋根・外壁)などで塗料の選定を行いますがそこで選定を誤るとやはり塗装が剥がれる原因となります。

既存の塗膜が比較的まだしっかりとしている(劣化がそれほどしていない)場合は塗装の防水機能がしっかりしていますので塗装をしても塗料が吸収されずにある程度はじかれます。そういう状態であれば密着がしにくい(はじかれるので)場合もありますので下塗り塗料を密着強度の高いものを選んだりします(1液性の塗料より2液性の塗料)。


1-4. 高圧水洗浄の不足高圧洗浄0717

塗装をする前に必ず屋根や外壁に堆積している汚れや古い塗膜を撤去するために高圧水洗浄を行います。これは最近では家庭用の洗浄機もよくCMなどでしているので知っている方も多いかと思いますが、高い水圧で汚れを落とすものです。

洗浄をせずに汚れをそのままにして塗装をすると下地と下塗りの間にゴミが挟まった状態になりますので簡単に剥がれてしまいます。

また注意が必要なのですが、早く施工を仕上げたい業者(特に下請けや孫請けで施工をしている業者は施工数で勝負しているところが多いですので出来るだけ施工を急ぐ傾向があります)は高圧水洗浄をしたあとに早々と次工程(下塗り施工)に移ったりします。これは、1-2で挙げた塗料の乾燥不足にもつながるのですが、水が十分乾燥していない状態で下塗りを行うということは残っている水分が下塗り塗料に吸収されます。そうすると仕様通りの乾燥時間を下塗りで取ったとしても乾燥不良という事にもなりかねません。

高圧水洗浄については汚れを落とすこともそうですが、しっかりとその後乾燥させるという事も塗料の乾燥と同様とても大切です。

 


2. 膨れによる塗膜の剥がれ

剥離というものとは少し違いますが、塗膜が膨れたりしているお家も時々あります。これは殆どの場合が塗料内部の湿気が原因です。下地に水や湿気が残っている状態で塗装を行うと、中にたまっている湿気が逃げられなくなり熱などで膨張して塗膜を押し上げるケースがあります。

例えば、高圧水洗浄を行って下地内部(外壁の内部)に入った水が十分に乾燥していない状態で塗装をしたり、外構に弾性の高い塗料で施工したりすると膨れが起きやすいです。特に外構(塀の事)などは土の上に直接施工されている場合が多く、これを塗装で塗って覆ってしまうと雨の後などに土の中から吸い上げられた湿気などが外構内部にたまり逃げられなくなった湿気が塗膜を押し上げたりします。

 


3. まとめ

上記の通り、塗膜が剥がれる原因というのは多様ですし原因が複数からなっている場合が多いです。ただ、雨漏りなどでなければ殆どの場合は施工によるミスと言えますので、剥離・膨れが発生した場合は施工をしてもらった業者に連絡をして補修してもらうよう依頼しましょう。ここで気を付ける必要があるのは特に訪問販売系の業者の場合は補償に剥離や膨れが入っておらず保証対象外となっている場合があります。剥離・膨れは発生するとすれば施工後3年以内に発生するものが殆どですので少なくとも3年は補償してもらえるような内容になっているか確認しておいた方が無難です。


こんなにひどい状態でした。

DSC06458

外壁もかなり傷んでいる箇所がありました。

水洗浄をするとこんなによこれが出てきました。

14702732228963

傷んだ箇所は、補修してバッチシ!ピカピカです。

DSC06497

 

DSC06521

塗装が終われば足場を解体して終了です。

 

仕上がりました
仕上がりました

綺麗な桜色に仕上げました。「素敵ですね」

長持ち塗装なら 住宅塗装の新創です。

新潟でホソボソと塗装工事をしております。どうぞよろしくお願いいたします。

新創 株式会社

 

外壁塗装のしやすい足場で塗装作業の効率アップ。塗装のしやすい足場で作業すれば丁寧な仕事が出来ます。

傷んでいました。もう少し早く塗装してあげたかった、外壁の傷みが激しいお客さんです。良い仕事へのこだわりは、作業性の良い仮設足場が必要です。


DSC04230

塗装工事は、高い所がとどきません、手の届かない場所を安全に塗装するために仮設の足場を作って塗装をしやすくします。仮設足場の良し悪しで作業の効率が変わるため使いようの良い仮設足場は必要です。

DSC06619

DSC06621

足場職人のサイトウさん。足場職人の親方です。素敵な足場を組み立てる彼はいつもこんな事を言っています。「仕事は、お客さんとのコミュニケーションが大切。せっかく工事をするのに、ツンケンした顔で作業する職人には、なりたくないですね。お客さんだって、工事内容を理解したいだろうし、質問だってあるはず。話しかけやすい人たちに工事して欲しいと思っているはず。僕になんでも質問して欲しいです。」

さすが職人の町新発田市育ちのサイトウさん。会社まで(新潟市東区大形本町276)40分かけて出勤しています。

聞けば、ご近所付き合いの深い山内に住んでいるそうです。こんな事も言っていました。「この前お隣さんが醤油を借りにきてくれました。(´ε` )(笑)」

昭和の時代にタイムスリップしたような話ありがとう(笑)

さすがザイゴ育ち、この人お客さんウケが素晴らしいのは育ちが良いからなんだと言うのがわかります。お客さんといつも楽しそうに笑っているそんな職人です。


足場の組立です。ん~悩んでますね~。サイトウさん。

DSC06630

ベランダが壁よりも出てきているのでどのサイズで組み立てたら良いのか?考えています。サイトウさんに聞いてみました。何に気をつけて足場を組み立ているのか聞いてみましょう。

ほかり【ねぇ~サイトウさ~ん↑w(笑)足場の組み立てで気をつけている事って何ですか?】

サイトウ【仮設足場は壁から300㍉以上離して組み立てないことですかね】

ほかり【なんで300㍉なの?】

サイトウ【それ以上離してしまうと人間が隙間に落ちてしまう幅なのです】

ほかり【そっか!でもさ。おいら腹がツカエて300㍉じゃあ落ちないしサイトウさんもその腹じゃあ落ちないね。(笑)w】

サイトウ【だね。(笑)w。これでもこの暑さと食事療法で18キロ痩せたんですよ!足場の幅が600㍉だから壁から900㍉以内で足場を組み立てるんです。その規格の足場材を選んで組み立てします。職人によって組み立て方が様々ですよ。】

DSC06632


安全対策を引用しました。

建築現場で建物本体と足場の距離はどれくらいが適切なのですか?

転落防止の安全上の寸法は基準は30㎝以内なら安全といえます。30㎝以内なら隙間から落ちないという事です。隙間があきすぎると仕事もしにくいので職人は無理な姿勢で乗り出して作業をする可能性があり災害の可能性が増加します。

間隔があきすぎている場合は内側に手すりを設ける,転落防止用ネットを張る,安全帯を使用するなど対策を講じる必要があります。


サイトウ【それと、仕事のしやすさですね。作業のしやすさは、仕事の進み方が違いますから、塗装工事のしやすい足場の組み立て方をいつも考えながら組み立てています職人の作業のしやすさは、無理な体制での作業をなくし安全な工事の足場にも繋がりますから】

ほかり【安全作業にこだわったのはどうしてなの?】

サイトウ【 足場の組立等作業主任者の資格を取った時です。安全な足場組立を研究したら、作業性=安全作業は、似ているのではないかと思ったのです。作業性は自分が作業するならどのように組み立てたら良いのかを考えながら組み立てています】

DSC06626

サイトウさんが取得した資格です。

資格を取得してから足場を組立る考えが変わったそうです。

足場の組立て等作業主任者

足場の組立て等作業主任者
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
試験形式 講習
認定団体 厚生労働省
等級・称号 足場の組立て等作業主任者
根拠法令 労働安全衛生法
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

足場の組立て等作業主任者(あしばのくみたてとうさぎょうしゅにんしゃ)は、労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、足場の組立て等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。

また、主任者となるための技能講習を修了した者すなわち資格取得者のこと、あるいは資格そのものを指すこともある。

概要[編集]

つり足場、張出し足場又は高さが5m以上の構造の足場の組立て、解体又は変更の作業を行う場合において労働災害の防止などを行う。

受講資格[編集]

  • 足場の組立て、解体又は変更に関する作業に3年以上従事した経験を有する者
  • 学校教育法による大学高等専門学校又は高等学校において土木、建築又は造船に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上足場の組立て、解体又は変更に関する作業に従事した経験を有するもの
  • その他厚生労働大臣が定める者

DSC06707

足場組立完成です。作業のしやすい足場で塗装作業です。

塗装職人にバトンを渡し、安全に丁寧な作業をしていただきたいと思います。

新潟で塗装をしています。

新創株式会社です。

お客さんの大切な家を長持ちする塗装の塗り方にこだわっています。

どうぞよろしくお願いいたします。