瓦屋根塗装作業。瓦屋根を長持ちさせる工夫は、厚い塗膜を作るための下地作りにありました。

dsc07205

瓦屋根塗装にも長持ちさせる塗装には厚膜を作る下地作りが大切です。



住宅塗装の新創です。
瓦屋根の耐久性を高める塗装の仕方を書いてみました。

瓦屋根塗装もやはり

長持ちさせるために

厚い塗膜を作る事

が大切です。

dsc07205
瓦屋根は、上塗材を何度塗っても仕上がりにくい
特性があります。素材がセメントでした。
セメントは塗料を沢山吸い込んでしまいます。
何度塗っても塗料を吸い込んで厚みのつやが
出ない事があります。それを防ぐために
吸い込み止めの材料を塗ってから表面の凹凸を
埋めて(下地調整)塗料を塗ります。実は
下塗り段階の下地作りが長持ちさせる瓦塗装の
秘訣なのです。この下地の段階をどこまで
平らにするかで、仕上がりの塗料に厚膜を
作れるかが決まります。塗装の前段階の
下塗りが、しっかりした下地を作るのです。
白くハケで塗っていますが、この前段階で
塗料の吸い込みを止める材料を塗って
います。濡れたようにみえるのが吸い込み
を止める材料です。
下塗り2工程目の作業をしています。

dsc07357



 

 

刷毛入れ作業が終わりました。ローラーを転がし瓦3枚を目安に転がして塗っています。

 


刷毛入れをまずやります。それからローラー作業、
職人に聞いてみました。
瓦は3枚づつ転がすと塗りやすいそうです。
皆さんも瓦を塗る時は挑戦してみてください。

dsc07364


腰が痛そうに塗っていました。
屋根を塗る時はずっと腰を曲げて中腰です。
職人はたまに整体に行って腰のメンテナンスを
しているそうです。屋根はピカピカ、体はボロボロ。
お客さんには見えない努力です。この体制で瓦を
何度も塗っているのですから。
職人をほめてあげてください。
痛いに決まってます、この体勢です。

dsc07374


ここで下塗りの大切差についておさらいです。興味のある方参考にしてみてください


凹凸のある面に塗装すると必然的に凸の先っちょほど塗膜は薄くなります。それは確実に耐久年数にも影響します。
そこで表面を均一に整える…女性のお化粧で言うならファンデーションのようなものが必要となるのです。

商品名 :SUN瓦 エクセルガード
メーカー:エーエスペイント (日本ペイントの系列会社)

dsc07368

 


ここではエーエスペイントのエクセルガードを塗りました。


滑らかな下地を2工程かけて作りました。

下地を厚くすると上塗り材の塗膜が厚くなります。

エクセルガードは、とても気に入っている下塗り材です。

厚い塗膜が作れたのでとても良い仕事が出来ました。

厚膜が作れる下地を作ったので

上塗り材の耐久年数をより引き出せそうです。

この後仕上げに上塗り工程を2回塗って
屋根の仕上げです。