塗装前の屋根、外壁の高圧洗浄をしました。

 


瓦屋根の塗装です❗


瓦に塗装する時はしっかりと汚れを落とすために洗います。

汚れを吹き飛ばす、力のある高圧洗浄機が必要になります。

js1513dxps

塗料をきちんと接着させる上で絶対に必要な高圧洗浄


塗料によって外壁の表面に出来た塗膜は、毎日紫外線や雨風にさらされているので、年月とともに劣化していきます。劣化した場合は、そのままボロっと丸ごととれるわけではなく、少しずつ粉化していくのです。これをチョーキング現象と言い、手で触ると白い粉が手につくとその外壁はチョーキング現象が起こっていると言えます。

このチョーキング現象(別名、白亜化現象)が起こっている外壁にそのまま塗料をぬっていくと、チョーキングがおきている昔の塗膜と一緒に剥がれてきてしまうので(古い塗膜には粘着力がなくなっている)、塗装後、時間がたいして経っていなくても剥がれてしまうでしょう。実際、当社にお問い合わせいただく方の中に、「塗装してから1年ですぐに剥がれてきた」というご相談をよく頂戴します。そういったことを防ぐ為、一度、外壁の表面にある古い塗膜を取り除いてしまおう、というのが高圧洗浄の目的です。

もちろん旧塗膜以外にも、カビ、藻、コケ、汚れなど様々な汚れを合わせて落とすことが可能です。それ故、高圧洗浄の作業は洗い落とすというよりも、旧塗膜などをまとめて削り落とす、という表現の方が正しいです。

dsc07228

瓦によっては表面のゴミが取りきれず塗装が剥げてくる場合があるので高圧力の洗浄作業はとても大切な作業になりなす。

 

 

dsc07221

 

しっかりと汚れを落としてから塗装に入ります。

dsc07220

 

外壁の汚れも落としてます。

dsc07214

 

外壁の塗装にも汚れを落として塗装します。

dsc07215

 

触ると手が白くなる(チョーキング)がサイディング(外壁)にでき表面に粉が吹いているまま塗装をすると密着力が弱まり剥がれてきたりします。圧力で吹き飛ばしながら洗い流すことにより、綺麗に塗装ができるのです。

dsc07216

 

職人が笑顔で洗浄していました。(´ε` )

dsc07213

汚れを落としてから塗装します。水洗浄作業は塗装前に、人間で言うと、シャワーを浴びているようなもの、みなさんもシャワーで体を洗い流しますよね。

塗装してからも届く範囲で外壁を水で洗い流すと汚れが洗い流れて良いのですやってみてください。