塗装と一緒に安田瓦張替え工事をしました。ステージ足場を組立る事で作業の効率がアップしたのでご紹介致します。

DSC06164

屋根瓦の葺き替えです。

住宅塗装の新創といいます。家の屋根や外壁の塗装、ベランダの防水塗装など、リフォーム工事、除雪作業など建設業をしております。

今回の工事は塗装と安田瓦の葺き替え工事です。

屋根屋さんと打ち合わせをし工事を行いました。


工事前の打ち合わせをしながら工事期間の短縮に必要な工夫を職人と話し合いました。

 


 

工夫次第で作業もはかどり早く工事が終わることも出来ます。

作業の中で時間がかかるのはドコなのかを打ち合わせの元探ってみました。

  1. 瓦を剥ぐ作業
  2. 瓦を屋根の上に上げる荷上げ作業
  3. 瓦を取り付ける際に余計な材料で手元、足元が邪魔をしないよう、材料の仮置きスペースの確保

この3つの作業がスムーズに進む事が早くなるポイントだとわかり、どう?工夫したら良いのか考えました。

そこで提案したのが仮設足場の組み立て方です。

建物から離した場所にステージ足場を組み立てる事を提案しました。

2階の屋根と同じ高さに足場で歩ける通路を作り、材料を溜めて置けるようにステージ足場を作ったのです。これにより瓦を剥ぐ作業は格段にスピードがアップしたそうです。

  • 工夫①・瓦を剥ぎながら通路を使い、真下のトラックがある所まで行き真上から荷下ろしが出来るようにした。
  • 工夫②・作業前に荷上げした材料の置き場所を確保するスペースを作った。
  • 工夫③・材料の整理整頓するスペースが出来、手元、足元の作業制が上がった。

ステージ足場を組立てている写真です。

建物からステージ通路を作りトラックの真下まで行けるように作りました。

 

屋根から古い瓦を下ろす際、真下に廃棄物運搬車を配置できるよう、建物から離れている場所まで仮設足場を伸ばし、廃棄物トラックを真下に配置出来る場所まで仮設足場を組み立てたので、作業がしやすかったそうです。

安全な仮設足場の中で縦に人が並び新しい瓦の荷上げ作業をしています。


中間や、真上に仮置きスペースを作り、荷の上げ下げがスムーズに出来るようにしました。


一番活躍したのが材料の仮置きスペースだったようです。屋根の瓦は、たくさんの種類があります。ステージ足場を組み立てた事により材料の置き場所が増えました。作業の前段階で増えたスペースに瓦を種類別に整理しながら荷上げが出来たのが良かったようです。

DSC05398 - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー

職人の仕事は段取り八分などと言いますが、準備が良かったことにより予定よりも早く瓦上げ作業が終わり、その後に予定していた塗装との間に日程の余裕が出来、結果工事を待たせてしまうほど作業は、はかどりました。

DSC05400 - コピー - コピー


玄関の真裏に位置する1階の屋根です。瓦の置くスペースに限りがあり、整理が出来ていないと作業するにも、材料が足元を邪魔してしまい歩きにくい状態になります。職人さんはこんなに作業のしにくい場所で頑張ってくれました。

 

DSC05396 - コピー

 

 

DSC06029


安田瓦の特徴を引用致します

 


安田瓦のご案内

 安田瓦は新潟県阿賀野市で地域ブランドの認定を受けた伝統瓦です。
天然の褐鉄鉱や赤鉄鉱の生釉を施釉し、1200度で還元をかけ焼成します。瓦は光沢のある銀鼠色を帯び、鉄色瓦の異称で親しまれております。 江戸時代後期の「越前瓦」の流れをくむ瓦で、幕末には商品化が始まり、明治期に入り需要が拡大し、今日に至りました。
安田瓦は耐寒性、耐圧性に優れ、積雪寒冷地仕様の瓦として全国に知られています。

 

安田瓦の歴史

安田瓦は天保年間(1830)から生産されたと云い伝えられ、一般商品として生産されたのは弘化4年(1843)からです。

明治に入って国内各地の師団増設、兵舎の増改築が高まり、弘前、旭川師団や新発田兵営の屋根工事を請け負うなど、大量の注文を機に焼成の気運が高まり、安田瓦の真価が広く各地に認められ、官庁、学校等の公共物の需要によって栄えてきました。

また、品質、強度、耐寒性にすぐれ、味わい深い鉄色の瓦は一般住宅・神社・仏閣の屋根を飾るにふさわしく、県内外の名刹に多く用いられてきました。
弥彦神社の勅使館・絵馬殿を始め、新潟市の旧県会議事堂・旧税関や北方博物館、近年では県知事公舎など由緒ある建物の屋根を彩っています。

明治・大正時代は主として家内工場での手作りから遂次機械化し、現在は最新鋭の設備のもとで操業し、トンネル窯の自動化・生産工程の省力化・投資効果をあげ、消費ニーズに即する商品の質の向上と量産によるコストダウンに努め、合理的に生産しています。

地域ブランド安田瓦 安田瓦製品のご紹介 安田瓦の特徴

 

DSC05402 - コピー - コピー

 

 

DSC06037

 

綺麗に安田瓦の葺き替えも終わり、仕上げにその他の塗装をしました。

窓に雨が入らないようにキリヨケと言う屋根があります。この工事と一緒に霧除を塗装しました。

DSC06139

その他、玄関屋根など鉄で出来ている屋根も塗装しました。

1階部増築した屋根も塗装しました。

DSC06143

 

鉄で出来ているトタン屋根の塗装もすべて終わり無事工事終了です。