長持ちさせる塗装

塗装は人(職人)がひと塗り、ひと塗り、手仕上げで塗料を塗っていきます。もちろん人が塗るモノですから、しっかり信頼出来る職人が塗らなければ、長持ちする工夫が出来ません。


10年以上塗装していない外壁は、定年劣化と供に外壁がひび割れたりして細かな亀裂がおきます。亀裂の先端は針の先端のようにトガリ、通常の行程では塗料に厚みがつかない場合があります!そのような外壁は、職人の判断で厚く塗ったりの工夫が必要になります。剥げてきている外壁には、ひと工夫してからの塗装でなければ一年で剥げてきたりするのです。
塗装は職人選びが大切です。

信頼、信用出来る職人を探す事が重要です。