スレート瓦塗装工事、トルネード高圧洗浄をしました。トルネードで旧塗膜がベロベロ剥げた動画もご覧ください。

20161006_103607

 

 

 

住宅塗装の新創ほかりです。

今日はトルネード洗浄のご紹介です。

塗装の状態を見極めると剥げやすいのか?職人にはわかるそうです。

この屋根はコロ二アル、スレート瓦といいます。現在の状態を職人にみて頂いたら、トルネード洗浄しないと、【ヤバイ】そうです。なぜ?トルネード?トルネード洗浄って何?聞きなれない皆さんにトルネード洗浄のご紹介を致します。

 


トルネード洗浄って何?

20161006_103607

トルネード洗浄は、高圧洗浄の吹き出し方の名前、

トルネードと呼ばれる専用ノズルの先端から吹き出される水が、

竜巻のように噴射されることからトルネードと呼ぶようです。

20161006_103936
高圧洗浄機

 

 

水を貯める装置です。

浮き輪が沈むと水が出る仕組みです。

この装置があると桶から水が流れ出ないので

お客さんからお借りしている水を無駄にしないで済みます。

20161006_103927



高圧洗浄のガンの先端に取り付ける専用ノズル、トルネード。

説明書きを引用いたしました。

一般的には扇状に噴射し線を横に動かして洗浄します。
ターボノズルの場合、噴射瞬間に円形に洗浄します。
目に見えないスピードですが、内容はストレート噴射を高速で円形状にしています。
直噴ですから、扇状より接地面にかかる圧力が大きいのです。
それが高速で動きますので、ガンを動かさなくても線ではなく面で洗浄ができることが理由となります。

トルネード噴射の動画を撮りました。

すごい勢いで塗料が剥がれるので見ていると楽しいのは私だけでしょうか(笑)


トルネード洗浄を詳しく調べて引用いたしました。


用語:トルネード洗浄とは?

読み方:とるねーどせんじょう

トルネード洗浄とは、高圧洗浄機を用いる洗浄方法の1つで、屋根の洗浄時に行うことが多い洗浄方法です。
高圧洗浄機のノズルの先端がグルグルと回り、通常の高圧洗浄よりも勢いのある水を噴射することで、通常の方法では落とせない汚れを落とすことが出来ます。
調整を間違えると、洗浄してるものを破損させたり人体に切り傷が出来てしまうほどの勢いがあります。
トルネード洗浄で使う高圧洗浄機は外壁で使う通常の洗浄機とは違い、水が飛散しにくい効果もあります。

【屋根の塗装はトルネード洗浄から】

外壁塗装は、高圧洗浄を行うことから始まります。
外壁や屋根は塗膜の劣化によりチョーキング(塗料が粉上になっている)していたりホコリが付いているからです。
屋根は特に汚れていて、藻や苔やカビが付いていることがよくあります。これらは全て取り切っておかないとまた繁殖してしまって、塗装後に剥がれたりふくれたりする原因になってしまいます。そのため、確実に落とすためにも通常の高圧洗浄ではなくトルネード洗浄を行うのです。トルネード洗浄の洗浄力の高さと、屋根を綺麗にすることの重要性を表しているとも言えるでしょう。

以上のように、外壁塗装ではトルネード洗浄がかかせません。使い方を誤れば住宅を傷つけてしまうほどの強力な洗浄力なので、しっかりとした技術を持った外壁塗装業者に施工の依頼しましょう。

 

20161006_103656

塗装前の洗浄は、塗装するよりも重要な場合があります。

旧塗膜を剥ぐ作業をしない業者さんに頼んだ場合、数年で剥げてくる場合がありますので洗浄作業をしっかりとやってくれている業者さんを選ぶ事が大切です。

 

20161006_103651